本文へ移動
 
 
 
目指す
3つのゴール
 
 ■ 住み続けられるまちづくりを 

ターゲット3 : 2030年までに包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、全ての国々の参加型、包摂的かつ
持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。

目的:サステナブルな住宅づくり
動機:恒久的な住宅提案
SDGsの使い方:スクラップアンドビルドの過去を打破し、恒久的且つ快適な居住空間の仕組みを考える



 ■ エネルギーをみんなに そしてクリーンに 

ターゲットa : 2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。

目的:コスト削減
動機:居住空間のエネルギーコストの削減
SDGsの使い方:エネルギー効率の良い住宅提案や仕組みを考える。



 ■ 質の高い教育をみんなに 

ターゲット4 : 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に
必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。

目的:新しい雇用の創出
動機:働き方改革への対応
SDGsの使い方:労働するための能力開発及び次世代に対応していく働き方に改善していく。



No Title
No Title
TOPへ戻る