本文へ移動

材料


断熱仕様 目的に合わせて選択することが可能です 
基礎断熱 
・現場発泡ウレタンフォーム(高性能タイプ) 
専門業者が現場にて断熱材を形成し、液状で塗布するため、わずかな隙間にも入り込み、 気密性が向上します。
断熱材自体に伸縮性があるため、躯体の変化に追随し気密性を保持します。

・押出法ポリスチレンフォーム 
長期優良住宅に適した基礎を標準仕様としているため施工が可能な断熱材です。 
熱が伝わりにくい断熱材 


壁断熱 
・現場発泡ウレタンフォーム(高性能タイプ)
専門業者が現場にて断熱材を形成し、液状で塗布するため、わずかな隙間にも入り込み、 気密性が向上します。



・セルロースファイバー 
原材料の約80%が新聞紙でできている断熱材です。
断熱効果はもちろんのこと、高い吸音効果や調湿効果がある付加価値のついた断熱材です。 
 

・押出法ポリスチレンフォーム 
長期優良住宅に適した基礎を標準仕様としているため施工が可能な断熱材です。
熱が伝わりにくい断熱材 

屋根断熱 
・現場発泡ウレタンフォーム(高性能タイプ) 
専門業者が現場にて断熱材を形成し、液状で塗布するため、わずかな隙間にも入り込み、
断熱仕様 ※目的に合わせて選択することが可能です。

換気システム
第一種換気システム
 熱交換器の働きで外気を室温に近づけて換気。
冷暖房中の快適さをほとんど損なわず換気を 行えます。
 強制同時給排気方式で室外の新鮮な空気を取り入れ、室内の汚れた空気を排出。 
室内空間をクリーンに保ちます。
第三種換気システム 
長期間にわたり安定した換気量を維持できる天井隠蔽型の換気システムです。 
ランニングこすとが抑えられ省エネであり、年間のメンテナンスも簡単にでき、計画的に 換気できるシステムです。
※お好みに合わせて選ぶことが可能です。
TOPへ戻る